(公財)箕面市国際交流協会MAFGA

2022.04.05

フォーラムシアター2022「日常の中の多様性」の参加者募集



MAFGAでは多様教育ファシリテーターの内山唯日さんを講師に迎え、昨年度から試験的にフォーラムシアターを開催してきました。今年度も「日常の中の多様性」をテーマに引き続き開催します。詳しくは下記・チラシをご覧ください。皆さんのご参加、お待ちしてます!
 
フォーラムシアターとは?
1970年代、ブラジルの演出家アウグスト・ボアールが生み出した「被抑圧者の演劇」の一手法。対話型で問題解決を探るプログラム。参加者は寸劇を見た後、演者と入れ替わり劇の中で解決策を実践します。討論(フォーラム)と劇(シアター)を繰り返すことで社会課題について考え、解決する力をつけることが期待され、欧米を中心に実施されています。
 
どんなことをするの?
多様性をテーマに日常で遭遇する困ったことや場面を想定して台本を作ります。実際に寸劇を演じる、または鑑賞した後、意見交換をして自分が考える対策を演じます。日常で起こりうる状況を実践的に考えることで状況を客観的に把握し、より有効で能動的な対応する力を培います。
 
多様教育ファシリテーター、日本語講師。ローマ大学卒業後、中国の大学で人類学を専攻。「Bridge Project」を立ち上げ、多様性教育、異文化理解の促進、人権啓発に尽力している。
 
 
日にち
①4月24日(日) *各回完結です。
②8月3日(水)
③11月23日(祝・水)
④2023年1月28日(土)
時 間
9:30~16:30、または13:30~16:30
場 所
箕面市立多文化交流センター
定 員
<午前>5名程 <午後>10名程
参加費
<賛助会員・学生>無料 <それ以外の方>3,000円
主 催
箕面市立多文化交流センター
(指定管理者:(公財)箕面市国際交流協会)
ご注意
新型コロナ感染拡大の状況により、延期・中止になる場合があります。予めご了承ください。