(公財)箕面市国際交流協会MAFGA

外国人防災アドバイザー育成事業



 
箕面市では毎年、5名の外国人市民が防災アドバイザーとして、防災研修を受けるとともに、企画会議を通して外国人市民のための防災啓発の活動を行っています。防災や災害に関する知識を身につけるための防災セミナーの開催や、自分たちが日ごろ感じている疑問や困りごと、必要としている情報などを外国人市民の立場から提案し、箕面市、箕面市国際交流協会とともに地域の防災体制づくりを進めています。

(報道資料)
府内初 箕面市で外国人防災アドバイザーが誕生しました! ~外国人市民の防災力の向上をめざします~

協力:阪神・淡路大震災記念 人と未来防災センター

内容
外国人市民が防災アドバイザーとして、箕面市、箕面市国際交流協会と協働して、外国人市民のための防災啓発イベントの開催などを行います。