NEWS

「外国人市民への保健・医療サポートセミナー2012」

2012年03月03日

※上のタイトル部分と以下のテキスト部分を翻訳してください。

「きいてもいいの?いけないの?~医師・外国人患者間で起こるコミュニケーションギャップとは~」

 

異国で生活する人にとって、医療は最大の課題のひとつ。言葉が違うと大変心細いし、文化の差違も気になる。一方、医療従事者側も、言葉や文化のちがいで難しさや驚きを感じることが多いのでは。より良いコミュニケーションをとるにはどうしたらよいか。3月3日、総合保険福祉センター(箕面ライフプラザ)で病院関係者と外国人市民が登壇するパネルトークが行われた。主催は箕面市医療事務連絡会。

 

 

このウェブサイトはサービスグラントにより提供されました。