協会概要

1992年に箕面市の外郭団体として設立された当協会の組織概要は以下のとおりです。

(1) 組織名 : 公益財団法人箕面市国際交流協会

(2) 設立 : 1992年(平成4年)6月30日

(3) 沿革

 当協会は1992年(平成4年)6月に箕面市から基本財産6億の出捐を受け、財団法人として発足。2012年(平成24年)には設立20周年を迎え、2013年4月1日(平成25年)に公益法人へ移行しました。
また、2013年(平成25年)より、市内の小野原西地区に建設された「箕面市立多文化交流センター」の指定管理者として業務を実施しています。
一方、箕面市では、2012年(平成24年)3月に新たな「国際化推進指針」を策定し、これに伴い協会も新指針に対応した活動を進めております。

(4) 代表者 : 理事長 前田 一成

  7月1日付けで、西岡理事長からバトンを引き継ぎました前田です。よろしくお願いします。
私は、1981年(昭和56年)に箕面市役所に就職し、2016年(平成28年)に退職した後は、箕面市内で家業の茶華道を継承し。ボランティア活動の毎日を送っていました。市役所在職中は、主に文化国際行政に従事し多くの皆さんに大変お世話になりました。箕面の国際交流協会は、多くのボランティアの皆さんによって支えられています。

  今、コロナの感染拡大防止のために三密を避けるようにと言われています。人と人とが密接にならないように言われていますが、こんな時だからこそ心や気持ちはより密接にならなければいけないと思います。今まで築いてきた心の絆をベースにより密にし、皆さんと一緒に国や地域を超え、互いに認め合い、いきいきと楽しく生活できる地域づくりを進めていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

(5) 事務所所在地

〒562-0032 箕面市小野原西5-2-36 箕面市立多文化交流センター内
   >> アクセスマップ

(6) 役員(理事・監事、評議員)

寄附行為で定めた理事会・評議員会が設置されており、協会運営に関する重要事項は評議員会・理事会で審議された後、理事会で決議されます。(理事・監事の選任のみ評議員会で決議)

(7) 賛助会員数

【2020年3月末現在】

個人会員 318名
法人会員 39法人・団体

賛助会員のうち約100名がボランティアとして、さまざまな定例事業活動に参加し、協会の事業活動を支えています。外国人市民の生活支援や社会参加の促進に関する事業は、各外国人市民の言語や置かれた状況が多様であるため、画一的な対応はできません。行政の責任範囲である事業であっても、直接行政が行うには困難な分野であることから、ボランティアならではの柔軟性、機動性を生かした多様な対応が求められています。

(8) 各事業活動グループ

各定例事業では、ボランティアの中からGC(グループコーデイネーター)と呼ばれる”お世話役”を選出しており、毎月1回会議をもっています(GC会議)。そこで各グループ間の情報を共有し、また事業間の連携・方向付け等の議論を行うなど、GC会議は協会のボランティア活動において、重要な役割を担っています。

(9) 基本財産 : 5億円(箕面市より出捐)

(10) 財務諸表:

このウェブサイトはサービスグラントにより提供されました。