新着情報

【お礼とご報告】 11/10(土)多民族フェスティバル2018を開催しました

2018年11月15日

 去る11月10日(土)に「2018多民族フェスティバル」を多文化交流センター近くの小野原公園で開催いたしました。好天に恵まれた秋空の下で今年も3,000人を越える多くの人々に楽しんで頂ける1日となりました。
 今年度も13の食事を楽しめる世界の屋台村、12のワールドマーケット、日本文化の野点、ワールド広場での15のパフォーマンス、「世界のあそVIVA!」などがあり、訪れた人に楽しいひと時を過ごしていただきました。今回は、さらに防災コーナーを設け、水消火器の体験や防災グッズの展示、箕面市の職員による防災マップの配布と非常食の提供など、防災への関心を高める取り組みもありました。スーパーボールすくい、輪投げ、竹とんぼ作り、いろいろな木製おもちゃで遊ぶコーナー、「まふがっこ」の子どもたちが考えたクイズラリーなどで、多くの子どもたちが楽しんでくれました。「初めて来ましたが、とてもたくさんの人が来られていて、楽しいフェスティバルですね」「毎年来ていますが年々人が多くなりますね」「子どもがとても楽しいと言っています。友だちと一緒に来年も寄せてもらいます」など嬉しい声もありました。
 フェスティバルのフィナーレには、インドネシアでは有名なダンスを会場の人と共に踊り大きな拍手と共に幕を閉じました。小野原公園での開催は5回目を迎えましたが、年を追うごとに外国人市民と子どもの参加が多くなっています。今後も多くの市民の方々に期待されるフェスティバルになることを願っています。
 本年度のフェスティバルは、開催までに3回の実行委員会を開きましたが、例年以上に実行委員会の構成団体の皆様が開催までの準備、当日の役割分担、後片付けまで関わってくださいました。誠に有難うございました。また、ボランティアの皆様、屋台やお店を出して頂いた方々、ステージで出演して頂いた方々、ご協賛頂いた方々、近隣のお住いの方々、学校、店舗の皆様など多くの方々のご尽力と温かいご理解とご協力のお陰で多くの人に多文化のフェスティバルを楽しんで頂けました。厚くお礼を申し上げます。
 箕面市長をはじめ、国会議員、府議会議員、市議会議員の方々が来られ、フェスティバルをご支援いただいたことも、有難く思っております。
 今後とも国際交流を通した国際親善、多文化共生社会の実現をめざして取り組んで参りますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。多民族フェスティバルのために汗をかいて頂いたすべての皆様に心より感謝申し上げます。
2018年(平成30年)11月14日
多民族フェスティバル2018実行委員会 実行委員長
西岡璋典((公財)箕面市国際交流協会理事長)
このウェブサイトはサービスグラントにより提供されました。