くらしで交流

普段のくらしの中でともに食事をしたり外出や行事の体験をすることで、より身近に交流を図れるようなプログラムを用意しています。

留学生のホームビジットプログラム「きずな」

世界各国から来日した留学生を同じ地域に住む市民として受け入れ、普段着の交流を通して、相互の多文化理解と国際交流を促進します。具体的な活動内容は、家庭で食事を共にする、一緒に出かけるなど、家族全員での交流を継続的に行います。ホームステイではないので、宿泊は伴いません。また、ホームビジットプログラムを運営するボランティアグループ「きずな」による交流イベントも随時開催しています。ホストファミリーの募集時期は、7~9月頃と2~3月頃です。詳しくはお問い合わせください。

コミュニティ カフェ

在住外国人が主体となって、母国の料理やお菓子、ドリンクを提供しています。日本にいながら、さまざまな国の味を楽しめるほか、料理や文化に関する情報交換もできます。

comm cafe
開催日時 : 火~日 9:30~17:00  ランチは11:30~14:00(日曜日は不定期営業)
場所 : 多文化交流センター
Facebookページ

DSCN9922 DSCN9885 DSCN0064 haroharo

国際協力都市・国際交流都市との交流の推進

市民が主体となった国際協力都市・国際交流都市との交流を促進していきます。

《現 状》
 箕面市では、ニュージーランド・ハット市と国際協力都市提携を、メキシコ合衆国・クエルナバカ市と国際友好都市提携を盟約し、市民が主体となった相互交流を進めています。ハット市やクエルナバカ市との市民間交流は、市民一人ひとりの地球市民としての意識を向上させるだけでなく、箕面市と世界をより近くに結びつけるなど、箕面市の国際化を推進するうえで重要な柱の一つになっています。
 また、ハット市及びクエルナバカ市との市民同士の交流は、友情関係の絆を強めるとともに、互いの違いを認め、学び合いながら、新たな価値を生み出し、市民の心をより豊かにする役割も担っています。
           =「箕面市国際化指針」(2014年3月)中の施策3から抜粋=

 ◎1995年(平成7年)7月16日  ニュージーランド・ハット市と国際協力都市提携
                 New Zealand Hutt City

 ◎2003年(平成15年)10月12日 メキシコ・クエルナバカ市と国際友好都市提携
                 Mexico  Cuernavaca City

このウェブサイトはサービスグラントにより提供されました。